高森ゆうみ【四十路】その昔、大学で講師をしていた親父とヤッていたデカ乳輪の熟女が…。

親父の教え子 高森ゆうみ|実の親父の三回忌。一人になった青年だが最近はようやくこの生活にも慣れて来た。そんなある日親父の教え子だったという女性が現れる。親父は元々大学の講師をしていてその時の教え子だと言う。線香を上げたいと言う女性を招き入れ親父との思い出話を語らう事に。女性から告げられた思い出話には青年の知りえ無い親父の姿があった。是非その時の恩返しを青年にしたいと女性は言うのだが。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクセスランキング