米倉里美【四十路】一年間も性行為が無い娘婿を不憫に思い、慰めてあげるお義母さん

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 米倉里美|義母と妻と僕。三人で暮らすようになって随分時間が経ちました。義母は僕に気を使ってくれるので、不自由のない生活を送れていました。今日は珍しく義母が食事を作ってくれたので少し大げさに喜んだところ、妻の逆鱗に触れてしまいました。寝室に戻ると妻に謝りましたが、赦してはくれず、仕方なくリビングに。義母が心配そうに僕に話しかけ、僕はついここ1年生行為がないことを言ってしまいました。義母が僕の腕を掴むと、娘がゴメンなさいと言い始め、僕に優しくキスをしてくれました。その時から僕は妻より義母に興味が出てしまいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクセスランキング