金杉里織【五十路】年頃の息子が寝ている直ぐ側で、夜の営みを始める高齢の夫婦

続・異常性交 五十路母と子其ノ弐拾壱 金杉里織|僕の前でも気にせずイチャイチャする父と母。ある日、僕の寝ている横でセックスを始めた。大学生の僕には充分過ぎるくらいに刺激的で興奮材料だった。けれど、相手もいない僕は欲望を一人で抑える事しか出来なかった、母のオナニーを見るまでは…母のオナニー姿が僕の欲望のスイッチを押してしまい気付いたら嫌がる母を押し倒し背徳な関係に溺れていくようになっていった…。

アクセスランキング