井上綾子【四十路】日に日にエスカレートする息子の友人のエロな要求に、熟れた身体が反応する熟母

友人の母親 井上綾子|「本当はおばさんだってイヤじゃないんでしょ?」息子の智が哲夫を家に連れて来るようになって3ヶ月目のこと。綾子は、哲夫の真の目的が息子と遊ぶことではなく自分にあることを知り、動揺を隠せずにいた。まさか親子ほど年の離れた若者が自分なんかに興味を持っているなんて…。だが日に日にエスカレートしていく哲夫の欲望はついに綾子の思惑を超え、その熟れた肉体へ狙いを定め始める…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクセスランキング