白山葉子【五十路】完熟している義母のアソコへ挿れたくて挿れたくて堪らなかった婿どの!

我が家の美しい姑 白山葉子|義母の葉子さんのことは決していやらしい目で見たことはなかった。なにせ義母はよくできた人で、僕ら夫婦はいつもお世話になりっぱなしだったのだから…。それなのに、偶然裸を目撃してしまったあの日を境に葉子さんを抱きたいという気持ちが膨れ上がってしまった。乙女のように恥じらう表情、滑らかな白い肌、柔らかそうな胸…何もかも嫁にはないものだった。僕はもう理性を抑えることなどできなかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクセスランキング