野沢佐江【五十路】未だ独り者な息子を不憫に思い、熟した身体でオンナを教えるお母さん

中出し近親相姦 初めてのキスも挿入も全てを経験させてくれた五十路母 野沢佐江|浮いた話の一つもなく、仕事一筋な息子のジュンペイの身を心配する母の佐江。そんな話をすると息子はやさぐれてしまい、明日も仕事だというのに深酒をしてしまう…。翌朝、酔いつぶれている息子を起こそうとした佐江は隆々と勃起したチ●ポを目撃してしまう。「これって…朝勃ち? それとも…疲れマラかしら?」無意識に自分の一物をシゴキだした息子を不憫に思った佐江は、彼女もいない息子の為に自ら溜まっている欲求を吐き出させようとするのだった…。愛しい息子のチ●ポを舐めまわし、豊満な胸に挟んでシゴキあげる佐江…。自身も身体の火照りを抑えられなくなり、目を覚ました息子を抱きしめ…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクセスランキング