美原すみれ【四十路】肉棒が欲しい熟女妻「お義父さま、アソコが疼いて濡れてます…。」

お義父さんもうアソコが疼いて濡れているんです… 美原すみれ|深夜営みを行う夫婦の寝室を覗く影。すみれは夫と結婚して日々幸せを感じていた。年を重ね、夜が弱くなってゆく夫とは対照的に、性に対して飢えを感じていた。そんな中、義理の父と同居する事になった。義父は優しく、仲良く生活できているとすみれは思っていたが、たまに感じる義父の視線が気になっていた。そして夜、久しぶりの夫婦の営み。少し激しくしただけで果ててしまう夫にものたりないすみれ。その姿を義父に覗かれてしまう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクセスランキング