谷原希美【三十路】強要されたタイトスカートを履き、枕営業に励む営業不振な美熟OLさん!

タイトスカートを穿かされて…。 谷原希美|とある製薬会社に転職をして、病院を中心とした取引先への訪問営業をしている希美。お世辞にも営業が得意とは言えず、希美は悩んでいた。そんな希美を見かねた上司からのある提案…。それは「タイトスカート着用営業」の強要だった。そして、男たちの視線を下半身に浴びながらのタイトスカート営業が始まるのだった。恥ずかしさを感じる希美だったが、医師たちのいつもと違う反応に戸惑いを隠せず…。

アクセスランキング