君島みお【三十路】密かに好意を寄せていた弟嫁の寝室に忍び込み、未亡人となった身体を悪戯するお義兄さん

着乱れた未亡人、親戚の男に何度も中出しされて…。 君島みお|夫が亡くなって今でも失意の日々を送るみお。みおを心配した義兄が家にやって来る。ずっとみおに好意を抱いていた義兄、悲しみを漂わせた未亡人独特の華奢な佇まいで憂いの表情を浮かべるみおを見てさらに想いは募っていく。みおへの劣情を止められなくなる義兄。

アクセスランキング