本庄瞳【三十路】訪れた義弟に亡き夫の面影を思い出し、メスの本性が疼き出す喪服姿の未亡人

未亡人の飢えた性 本庄瞳|愛する夫を亡くし1年が過ぎようとしていた瞳は仏壇の前で手を合わせ哀しみにふけていた…。そんな彼女の元を訪れてきた義弟をみて夫の面影を思い出し欲情してしまう瞳。1年以上、ご無沙汰気味の彼女は我慢できず夫の遺影の前で…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクセスランキング