黛日出子【五十路】いけない事だとわかっていても、息子の肉棒を求めずにはいられないお母さん

同級生の母親 黛日出子|息子の通と数年前から禁断の関係だった日出子は、いけない事とは分かっていたが通の肉棒を忘れられずに関係を続けていた。ある日、通の同級生に言い寄られ一線を越えてしまった。それは、通が仕組んだ罠だったのだ。

アクセスランキング